ムダ毛をカミソリで剃って処理していると、手元が狂って、肌に傷をつけてしまうことがあります。傷ができてしまったところが、人目に触れやすい顔だったりすると恥かしい思いをしてしまうことになります。

近頃は女性の社会進出も進み、ストレスに晒される女性が増えているためか、ホルモンのバランスが崩れて、顔に産毛状のムダ毛が目立ってきているという人は年々多くなってきています。

顔の産毛状のムダ毛について

顔の産毛状のムダ毛が目立つという人は、カミソリで剃って顔を傷つけてしまうことがないように脱毛の施術を受けることを検討するのが良い方法の一つになります。

顔に脱毛の施術を受けてムダ毛が目立たなくなると、顔の産毛状のムダ毛処理にかけるかける手間から解放されるだけでなく、顔の産毛状のムダ毛に含まれるメラニン色素が顔からなくなることになるので、顔色が明るくなるという効果を得ることが期待できます。

顔脱毛は化粧ノリが良くなったり、美肌になれるメリットが多い

顔の産毛状のムダ毛にファンデーションなどの化粧品が付着しないので、化粧のノリが良くなるという効果を得ることも期待できます。

また、毛穴が引き締まる効果を得ることが期待できますが、この効果は脱毛によりムダ毛が生えにくくなる効果によるものなので、顔のムダ毛をカミソリで剃ったのでは得ることが期待できない効果になります。

顔のムダ毛を剃って、傷を付けるリスクを避けるためや、毛穴が引き染まる効果を得るためには、顔に脱毛の施術を受けるのが良い方法の一つになります。

脱毛後に腫れたら

脱毛はサロンやクリニックでも手軽に脱毛ができるようになっていますので、お試しプランなども利用したことがある人もいるでしょう。

けれども、施術をした後にぶつぶつや発疹ができたり、時には腫れたりすることもあります。レーザーや光を直接肌に当てますので、その熱で皮膚にダメージが入るので、皮膚の弱い人だとそれがダイレクトに出てきてしまうのです。

これも一時的なものなので、施術をした後に処方されたクリームや軟膏があればそれを使って対処します。通常は1~2週間もすれば赤みや腫れなども引いてくるのですが、それでも症状が続くようなら病院で診察してもらいましょう。

安心して通える柏にある脱毛サロン特集はこちら

脇の脱毛後の腫れも一時的のもの

脇脱毛後に稀に脇にしこりなどを感じたりすることもあります。元々脇にはリンパがありますので、そこが腫れることもあるのです。押したりすると痛みを感じたりしますが、これも一時的に起こるので3~4週間程度は様子見をするか早めに連絡をしておくとよいでしょう。

脱毛も低価格化してきているので、幾つかのお店を渡り歩くのもそれほど難しくない時代になりました。このサロンは合わないと思ったときに変えるのも簡単ですから、症状が続くようであればすぐに相談をし、必要があれば別のお店に変えてまた脱毛をしていくということも可能です。

サロンによって利用している機械や施術時の出力の設定などは様々ですから、本格的に始める前にお試しプランを利用して比較しておいてから長く脱毛を続けるのもおすすめです。

脱毛でそばかすができる理由とは

光脱毛というと家庭用機器もあるため自宅で行うこともできます。ただ、家庭で行うよりもエステで行った方が良いと言われています。

それは、家庭で利用した後のアフターケアが不十分のケースが少なくないからです。

家庭だと保湿が不十分になり、そばかすの原因となる

よく言われるのが「家庭で脱毛するとそばかす」になるというものです。これは半分間違っていて半分正しいのです。

というのも、アフターケアを怠ると色素沈着を起こしてしまってそばかすのようなものが出来てしまうからです。その色素沈着ができる原因は、主に脱毛した肌を乾燥させてしまうと起こります。

つまり、保湿が不可欠なのですが、家庭ではそれが不十分になりがちです。そこでエステサロンで処置してもらった方が良いと言うわけです。

エステサロンでは、もちろん脱毛も丁寧に行ってくれますが、アフターケアも十分に行ってくれます。先ほど述べたように保湿も行ってくれますし、サロンによっては肌のピーリングをして新陳代謝を促してくれるところもあります。

日頃の正しいスキンケア方法もスタッフがアドバイスしてくれます

そのため、エステサロンを利用すると、そばかす(のような色素沈着)が起きにくいというわけです。また、そのアフターケアは日常生活のスキンケアにも応用することができます。

エステサロンのスタッフに相談を持ち掛ければ、快くアドバイスを貰えます。実際に体験したこととアドバイスを取り入れることで、肌の状態を常にベストな状態に保つことができるわけです。

そう言った意味でも、エステサロンを活用するのは理に適っていると言えます。