サロンやクリニックで脱毛したいけど、痛みが激しいと聞くと躊躇してしまいがちです。人によっては我慢できず、途中解約してしまうほど、激しい痛みがあると言われるほどです。

ここまで言われてしまうと、躊躇する女性がいるのも当然かもしれません。ですが、サロンやクリニックの脱毛は、効果が非常に高く長続きします。面倒な手間から解放されるので、むしろ積極的に活用すべきでしょう。

痛みが少ないのは「エステサロン」

気になる痛みについても、サロンやクリニックの選び方次第で少なくすることはできます。施術中に痛いと感じにくいのは、クリニックよりサロンです。

サロンで使われているレーザーは、低出力なので痛いと感じる女性は少ないと言われています。しかも、最新の脱毛器を使い技術レベルの高いスタッフが施術をすれば、さらに痛みは低減することが可能です。痛みが少ないことを売りにしているサロンもあるので、こうした店舗を選べば必要以上に心配することはありません。

痛みが少なく通いやすい柏の脱毛サロンをチェックする

クリニックでは、肌トラブルが起きた時でもすぐに対応してくれます

また、クリニックについても最近は、痛みを低減する様々な対策を施しています。クリニックは医療機関なので、肌トラブルが起きたときにすぐ治療できるメリットがあるので、安心感も高いです。

サロンやクリニックでは、脱毛を始める前に格安や無料でお試しができます。お試しで施術を体験すれば、我慢できない痛みか判断できるでしょう。痛いことが気になってサロンやクリニックに行けない女性は、まずは施術をお試しして確認するのが良いです。

皮膚科クリニックで脇脱毛をした場合の値段とは

脇脱毛を自己処理せず、プロの手でやってもらう場合は、エステまたは皮膚科のクリニックに通うことになります。エステはフラッシュ式なので、脱毛効果はやや弱いのですが、その代わり美肌効果があります。

クリニックはレーザーで脱毛を行います。この方法は、元々レーザーが濃い色に反応しやすい性質を利用して、しみやほくろを取るための治療方法を応用したものなので、脇脱毛など、濃い色の体毛を処理する場合は特に効果が合います。いずれの場合も数か月に1度の割合で、6回をめどに通うことになります。

保険は適用外なのですべて実費負担

ところで、脇脱毛の値段はどのくらいかかるものなのでしょうか。まずエステの場合は、それぞれ料金体系は異なりますが、エステによっては数千円くらいでやってもらえることもあります。それから皮膚科クリニックの場合ですが、健康保険の適用外になりますので、エステ同様値段の設定はまちまちで、しかもすべて実費負担になります。

ですから皮膚科に通う場合は、それなりにお金がかかることになります。両方の脇を処理してもらうと、大体3万円から5万円が相場です。最新式のマシンでやってもらうと、もう少しかかることもあります。

ただし最近は、皮膚科クリニックでもエステ同様にキャンペーンを行っていることがあるので、そういう機会を利用すれば、そうお金がかかることもありません。またクリニックによっては、ローンを組むこともできます。この方法だと、分割払いで脇脱毛ができますので、お財布に与える影響は小さくなります。

鼻毛は脱毛してはいけない?

産毛やムダ毛を気にしてしっかり処理する方は多くいますが、中には鼻毛まで気にして脱毛しようとする方もいます。しかし、抜いてしまっても大丈夫なのでしょうか。

まず、鼻毛は体毛の中でも重要な役割をしています。呼吸によって体内に侵入してくる異物を防ぐフィルターとしての役割があります。そのため除去してしまうと、病原菌や花粉が入り込みやすくなり、体調不良の原因になります。そのため除去することはあまり良くないのですが、濃いと気になってしまい、コンプレックスに感じる方も多くいます。

皮膚に負担のかからないカットでの処理がおすすめ

そんな時におすすめなのはカットをするか、入り口付近だけワックス脱毛をすることです。無理に抜くと皮膚を傷つけてしまう場合があります。そのため、なるべく皮膚に負担のかからないカットがおすすめです。

しかし、奥まで切りすぎてしまわないように注意が必要です。前述したように鼻毛にはフィルターとしての役割があるため、短くしすぎたり奥まで切ってしまうとその効果がなくなってしまいます。

また、ワックス脱毛も永久処理とは異なり、また生えてくるので定期的に行うことで鼻回りをスッキリさせることができます。しかし、痛みは伴うので注意は必要です。

コンプレックスに感じてしまう方は処理のやりすぎに注意

このように鼻毛は我々の免疫機構の一つとして重要な役割をしていますが、コンプレックスに感じてしまう方もいます。

そのような場合は入り口付近だけカットやワックス脱毛をすることをおすすめします。無理な処理や切り過ぎはしないように注意しなくてはいけません。